Posts by cwejmanjapan

CTG-VC

CTG-VC  コンプレックス トランシエント ジェネレーター

 

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 14HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.5kg
電流 current draw: 70mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

ユーザーマニュアル(英語)

CTG-VCは、全てのボルテージコントロール パラメータのダイナミックな変化に使用できるボルテージ制御を提供します(フィレケンシー、アンプリチュード、パルス幅、カットオフ)。最も一般的な用途は、ダイナミックな音色やレベル変化を達成するために、フィルタのカットオフ周波数およびボルテージコントロールドアップリファイア振幅を制御することです。アタックタイム、アタックホールドタイム、ディケイタイム、サステインレベル、リリースタイム、出力レベルなどのすべてのパラメータは、ボルテージ制御されています。多くの機能を備えた複雑なジェネレータです。アタックホールド(A-HOLD)、ディケイホールド( D-SLOPE)、アッタック- ディケイ ループ(A-D LOOP )。 トランジェント シグナルの出力の、 ポジティブ・ネガディブ レベルをコントロールします。

 

CTG-VC    Complex Transient Generator

3U Eurorack module
14HP wide
20mm deep ( behind the front panel )
Weight 0.5 kg
power consumption: 70mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

Manual

The CTG-VC provide control voltages that can be used for dynamic change of all voltage controlled parameters, such as; frequency, amplitude, pulse width, cutoff. The most common use is controlling filters cutoff frequency and a voltage controlled amplifiers amplitude in order to achieve dynamic timbre- and level-changes. All parameters such as attack time, attack hold time, decay time, sustain level, release time and output level are voltage controlled. The CTG-VC is a complex transient generator with a lot of features, such as; two different shapes for the attack, attack hold (A-HOLD) for more punchier sound than a standard attack, variable decay slope (D-SLOPE) from natural exponential to heavy logarithmic, attack-decay loop (A-D LOOP) and polarized level for outgoing transient signals which means that both outputs levels are controllable in both directions (positive and negative).

ATTACK
Attack time is controlled manually and by an external signal. 
It has two shapes; logarithmic and exponential, controlled manually
by a switch.
ATTACK HOLD
Attack Hold time is controlled manually and by an external signal.
DECAY
Decay time time is controlled manually and by an external signal.
D-SLOPE
Decays shape is controlled manually, from exponential to logarithmic.
SUSTAIN
Sustain level is controlled manually and by an external signal
RELEASE
Decay time time is controlled manually and by an external signal.

  Performances

  • ATTACK time 0.05 msec to 10 seconds
  • ATTACK mode logarithmic/exponential (EXP), switched
  • A-HOLD 0.5 msec to 2 seconds
  • A-D LOOP ON; continious LFO, Attack/Decay 
  • or activated by an external signal
  • DECAY time 0.5 msec to 20 seconds
  • DECAY SLOPE exponential to logarithmi
  • SUSTAIN level 0 to 5 Volts
  • RELEASE time 0.5 msec to 20 seconds

External links :

CTG-VC to principal industrial noise sound + BLD for the kick.

(CTG-VC on all four inputs of L-1 Stereo Mixer. )

CTG-VC is use in patch as Env/LFO in the RES-4 and TWF

 CTG-VC is used as VCO/Env changing timbre in the BLD/MMF-1S

https://soundcloud.com/user-226554732/terra

 

 

D-LFO

D-LFO

マルチファンクション デュアル ローフレケンシー オシレータ

 

3ユーロラックモジュール (3U)
幅:14HP (1HP = 5.08mm )
奥行き:20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ:0.4kg
電流:75mAv

リボンケーブルコネクター使用上の注意

ユーザーマチュアル(英語)

2つのローフィレケンシーオシレータ。LFO2は、シンクスイッチによって
内部でLFO1にシンクできる。

外部シグナルは2つのモードのシンクソースとして使えます。

SYNC T : 外部シグナルを明確なシンクのために非常に狭いパルスに変換する。

SYNC G : 外部シグナルのパルス幅をSteady state 定常状態でシンクされたシンクウェーブフォームにするために抽出。

RM/AM : リングモジュラー/ アンプリチュードモジュラー 両方のLFOの出力に接続されている。個別のアウトプット(RM-AM )とエクスターナルシグナルのためのインプットを有する(LFO2アウトプットにプリパッチ)。

 

 

D-LFO

Multi function dual low frequency oscillator

3U Eurorack module,
14HP wide,
20mm deep
power consumption: 70mA
Weight 0.4 kg

How to use Cwejman Ribbon cable connectors

User manual D-LFO

D-LFO consists two identical low frequency oscillators. LFO2 can be internally sync-ed to LFO1 by an internal switch. The TRIP POINT control the voltage point at which the waveform is sync-ed; continuously from lowest to highest point of the waveform. Additionally the external signal can be used as sync source in two modes; the SYNC T converts the external signal to a very narrow pulse for a distinct sync and the SYNC G extract pulse width of the external signal for sync with a “steady state” sync-ed waveform. The RM/AM is a ring modulator / amplitude modulator. It is coupled to both LFO’s outputs and has a separate output “RM-AM” and input for external signal (pre-patched to the LFO2’s output).

VCO-6

VCO-6 シングル ボルテージコントロールド オシレータ

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 14HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.52kg
電流 current draw: 30mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

マニュアル(英語)

6つのウェーブフォームを持つシングル オシレーター

フレケンシーはマニュアルと FM(レベル インプット)でコントロールできます。VCO-6は、外部シグナルフレケンシーによってもシンクさせることができます。

オシレーターのフレケンシー は、上部ノブ2つのRANGE(C2〜C8)、FINE TUNE(± 6 semitones in audio mode / ± 12 semitones in LFO mode) そしてFM インプットでコントロールすることができます。FM1-LINEAR, FM2-EXP,FM3-EXP(exponential * musical scale )はピッチコントロールです。
DC AC 。

VCO-6   Single Voltage-controlled Oscillator

with Six individual Waveforms
3U Eurorack module
14HP wide
20mm deep ( behind the front panel )
Weight 0.52 kg
power consumption: 30mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

manual

The VC0-6 is a single voltage controlled oscillator and it has six individual waveforms.

The frequency is controlled by manual controllers (knobs) and FM (leveled inputs). The VCO-6 can by sync-ed by an external signals frequency, as well.
Frequency controllers
The oscillator’s frequency is controlled by RANGE (from C2 to C8), TUNE knob

(± 6 semitones in audio mode and (± 12 semitones in LFO mode) and leveled FM inputs;

DC or AC coupled FM1 and exponential F2 and FM3.

Frequency modulation (leveled FM1, FM2 and FM3 ) determinates the intensity of frequency modulation and/or pitch control. The FM2 and FM3 inputs are carefully calibrated for 1Volt/octave sensitivity and it tracks the musical scale for more than 8 octaves.

Performances

Total frequency range

 

External Links

MMF-6

MMF-6 マルチモードフィルター

6つのオーディオアウトプットを持つマルチモードフィルター

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 :  14 HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.5kg
電流 current draw: 50mA

リボンケーブルコネクター使用上の注意

ユーザーマニュアル(英語

MMF-6 は6つのオーディオアウトプットを持つマルチモードフィルターです。
左側の3つのアウトプットLPF,BPF,HPF は、クリーンなローパス、バンドパス、ハイパスです。
右側のローパス、バンドパス、ハイパス・アウトプットはサチュレーションサーキットと2つのモード(ソフト、ハード)でプロセスされます。それに加えて、フィルターコア(フィルターそのもの)にはリゾネータとカットオフ・フレクエンシーのための ” シンメトリー ” コントロールがあります。ポジティヴ、ネガティヴシグナル(above 0 and below 0)は違ったカットオフ・フレクエンシー、微妙なエッジからドラマティカルなキャラクターのオーディオシグナルへのカットオフ・コントロールが可能です(フレクエンシー分割効果を含む)。これらの全ての効果はアウトプット(プリパッされた”クリーン”ローパスアウトプット)と外部シグナルによって” シンメトリー ”モジュレーションする事によって作られます。

 

MMF-6

3U Eurorack module,
14HP wide,
20mm deep
Weight 0.5 kg
current draw: 50mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

User manual MMF-6
The MMF-6 is a multi mode filter with six outputs, first three from the left; “clean” low pass, band pass and high pass. Low- band- and high pass to the right are processed by three separate (for every output) saturation circuits with two modes; soft and hard. Additionally, the filter core has so called “symmetry” control for the resonance and cutoff frequency. It is possible to control cutoff so positive and negative going signals has different cutoff frequencies, from a subtle “edge” to very dramatical character of the audio signal (including frequency division effect). All this by modulating symmetry by one of outputs (pre-patched to “clean” low pass output) or an external signal. Now it is possible to mix clean and saturated audio signals in any combination.
Inputs:
Audio: 2x In
CV inputs: 2x cutoff, 1x Q-peak, 1x symmetry

Outputs:
clean LPF, BPF and HPF
saturated LPF, BPF and HPF
dimensions

SPH-2

SPH-2  14ステージ ステレオ フェイザー

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 14HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.4kg
電流 current draw: 20mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

 

マニュアル(英語)

ステレオイメージを持つ14ステージ・フェイザーです。ステレオイメージ:スパシャル(SPATIAL)とローテーティンぐ(ROTATING)。フェイザーはボルテージでコントロールされます。

フェージング (SPECTRUM)は外部シグナル (SPECTRUM CV, and separate SPECTRUM LEFT, RIGHT)とモジュレーションするローフレケンシーオシレータでコントロールされます (MOD RATE, MOD LEVEL)。

ローフレケンシーオシレータのレートは外部シグナルによってモジュレートされます。

SPH-2は、SUM AUDIOでラベル付けされた両方のフェイザーに対して1つのオーディオ入力を提供します。

オーディオ出力は、AUDIO、LEFT、MIX(左右のフェイザーが混在している)とRIGHTと表示された出力ソケットによって提供されます。 アウトプットは白い囲みで表示されます。

FEEDBACKノブは、両方のフェイザーのマルチレゾナンスの量をセルフオシレーティングまで制御します。

SPATIAL / ROTATINGスイッチは、2つの異なるステレオイメージでフェイザーを結合します。 BYPASS / L&R INPUTは、L&R INPUTポジションの両方のフェイザーをオーディオチェーンにインサートします。

 

SPH-2   14-stage stereo image phaser

3U Eurorack module,
14HP wide
20mm deep
Weight  0.4 kg
power consumption: 20mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

SPH−2 Manual

The SPH-1 is a 14-stage stereo image phaser. It consist of two identical voltage controlled all-pass filters with seven notches stretched over the whole audio range which ensures constant phasing effect.

The all pass filters are combined with original audio signals resulting in an almost constant gain and phase shift of 2400 degrees across the entire audio range (see diagrams below).

Additionally, the phasing effect remain almost constant even in saturation mode.

Phasing (SPECTRUM) is controlled by modulating low frequency oscillator (MOD RATE, MOD LEVEL) and by external signals (SPECTRUM CV, and separate SPECTRUM LEFT, RIGHT).

The low frequency oscillator’s rate can be modulated by external signal (RATE CV, RATE CV INPUT).

The SPH-2 provides one audio input for both phasers labelled by SUM AUDIO.

The audio outputs are provided by output socket labelled AUDIO, LEFT, MIX (mixed left and right phaser) and RIGHT. Outputs are revealed by white surrounds.

The FEEDBACK knob controls the amount of multi resonance for both phasers up to self-oscillating.

The SPATIAL/ROTATING switch couples phaser between two different stereo images. The BYPASS/ L&R INPUT inserts both phasers in the audio chain in position L&R INPUT.

 

 

External Links

 

FSH-1

FSH-1 フレケンシーシフター

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 14HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.4kg
電流 current draw: 70mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

マニュアル(英語)

 

 

FSH-1   frequency shifter

3U Eurorack module
14HP wide
20mm deep
Current draw 70mA
0.4kg
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

FSH-1 manual

The main purpose with the frequency shifter is to make frequency shift up and down for processed audio signal. Two signal sources are needed; the carrier and the audio. Both carrier and audio signals are splitted in two chains and are pre-processed to accomplish 90 degrees phase shift between splitted signals.
The carrier generator has two frequency ranges; LF (low frequency) and AUDIO and it’s controlled by knobs
COARSE, FINE and external CV signals (CARRIER CV). The carrier generators outputs are pure sine waveforms with 90 degrees delay between them. Outputs are patched to both ring modulators inputs. Two ring modulators (dual balanced multipliers) receives 0 and 90 degrees shifted carrier and audio signals . The outputs from the multipliers are combined in two ways; the frequency shift UP and DOWN.  The frequency shifted audio signal is a sum (UP) or difference (DOWN) of the carrier generators frequency (a pure sine waveform) and all audio signals frequencies (fundamentals and harmonics). The FSH-1 works in two modes; as frequency shifter and as dual ring modulator. A ring modulator is a classic audio effect device and due to the non-harmonic character of the output signal. It’s very useful to create metallic timbres such as bells, sweeping whistles and percussive sounds and tremolo effects. The obvious effect (particularly in LF mode) is a stereo panning effect of audio signal.

 

Sound clips サウンドクリップ

External Links

BLD

BLD  ベース – リード&ドラム  サウンド ジェネレーター

Base -Lead & Drum Generator

 

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 24 HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 25mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.5kg
電流 current draw: 30mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

BLD マニュアル(英語)

BLDは、ベースドラム音に重点を置き、ベースとドラムサウンドを作るのに必要な全てのコンポーネントと機能を備えました。

BLDには、メイン・サウンド・ジェネレータ(OSCILLATOR)、ノイズ・ジェネレータ、モディファイア(ローパスフィルタ、アンプリファイアー、2つのトランジェントジェネレータ
)があります。

オシレーター:
オシレータには2つのマニュアルピッチコントローラ (FINE, COARSE) と、外部シグナルによってピッチをコントロールする2つのインプット (外部シグナル:FM1, levelled, bipolar pre-patched to transient generator AR / FM2, calibrated to 1 Volt/octave)があります。

ウェーブフォームとシェイプ間のミックスはマニュアル・コントロールできます(トライアングル、トライアングルとパルス間、パルス、パルスとソートゥース間、ソートゥース)。

オシレーターレベルはマニュアルコントロール(ゼロ スルーノミナルシグナルストレンスからサチュレート)。パルス・ウィズはマニュアルか外部シグナル(PWM)でコントロール。

ローパス・フィルター:
ローパス・フィルターには2つのオーディオインプットがあります(OSCILLATOR LEVEL
とNOISE LEVEL)。CUTOFFフレクエンシーはマニュアルコントロール(トランジェントジェネレータ AR、 AHR 、CUTOFF pre-patched to FM2 CV インプットにより)。

ノイズ・ジェネレーター:
ノイズ・ジェネレーターはローパスフィルターとアンプリファイア(NOISE LEVEL)に接続されている。ノイズ・ジェネレーターはアンプリファイアー(PRE)にルーティングか、アウトプットAMP (POST)に直接接続する事ができる。ノイズ・ジェネレータのレベルはARジェネレータからNOISE LEVELインプットへスルーでプリパッチできます。

ARとAHR :
ARとAHRトランジット・ジェネレータはTRIGプッシュボタンか、外部シグナルに(input TRIG)よってマニュアルで作動。アタックAttack, ホールドHold 、リリースReleaseはインプットA1, R1 (AR) と A1, HOLD とR2 (AHR)に接続された外部シグナルによってコントロールでます。

アンプリファイアー:
アンプリファイアのゲインはARのミックス、AHR、インプット VELOCITYに接続された外部シグナルによってコントロールでます。

 

 

BLD, Bass – Lead & Drum sound generator

3U Eurorack module,
24HP wide,
25mm deep
0.5kg
Current draw: 30mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

BLD manual

The BLD has all components and function necessary for generating bass lead and drum sounds with focus on bass drum sounds.

The BLD contain main sound generator (OSCILLATOR) and noise generator and modifiers such as low pass filter, amplifier and two transient (contour) generators.

Oscillator has two manual pitch controllers (FINE, COARSE) and two inputs for controlling the pitch by external signals (FM1, levelled, bipolar pre-patched to transient generator AR and FM2, calibrated to 1 Volt/octave).

Waveforms and mix between shapes is controlled manually from triangle, mix between triangle and pulse, pulse, mix between pulse and saw tooth and saw tooth).

Oscillator level is controlled manually from 0 thru nominal signal strength to saturated (curved, for more punch). Pulse width is controlled manually and by an external signa (PWM).

NOISE GENERATOR is connected to the low pass filter and to the amplifier (NOISE LEVEL). The noise generator can be routed in to the amplifier (PRE) or directly to the output AMP (POST).
The noise generators level is also controlled by pre-patched AR generator thru input NOISE LEVEL.

AR and AHR transient generators are activated manually by the push button
TRIG and/or by an external signal (input TRIG). Attack, Hold and Release are manually controlled and by an external signals connected to inputs A1, R1 (AR) and A1, HOLD and R2 (AHR).

AMPLIFIERs gain is controlled by mix of AR and AHR and by an external signaln connected to the input VELOCITY

 

サウンドクリップ Sound clips

 

 

External links and demos

 

QMMF-4

QMMF-4  クアッドマルチモードフィルター

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 46HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.9kg
電流 current draw: 190mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

 

QMMF-4:クアッドマルチモードフィルター (filter 1,2,3,4)

マスターセクション(CUTOFF, WET, LEVEL, MIX)

QMMF-4は4つのフィルターから成り、それぞれ個別にコントロールでき、マスターでもコントロールできる。

CUTOFF Hz:16Hz〜16kHz

FINE TUNE:カットオフフレクエンシーのファインチューニング

Q-PEAK :フィルターのリゾナンスコントロール。フラットからセルフオシレーションモード(OSCSAT or OSCポジションで)、そして リゾレーターモード(RES)。

OUTPUT FADER :フィルターアウトプットのボリュームコントロール。PREとPOSTの2つのアウトプットがある。PREはフィルターからのダイレクトアウトプット、POSTはOUTPUT FADERと外部シグナルをLEVELインプットに入力しコントロールする減衰アウトプットである。
INPUT LEVEL : オーディオインプットのマニュアルコントロール。

 

3 つのフィルターモード (HP: ハイパス , BP: バンドパス ,LP :ローパス )。

NOTCH output : ハイパス+ローパス。

AUDIO INPUTS : 全てのフィルターの個別オーディオインプットで、マスターコントロールにプリパッチできるが4つの外部サウンドソースとしても使うことができる。

CM1 : 外部モジュレーションシグナルへのカットオフモジュレーションとマニュアルBIPOLARレベルコントロール。

CM2 CAL:外部モジュレーションソースのインプットで毎オクターブ1ボルトで調整されている。

Q-PEAK :フィルターリゾナンスのマニュアルコントロールとボルテージコントロール。

LEVEL :フィルター (POST )の出力レベルをマニュアルか外部シグナルでコントロール。

 

MASTER SECTION :
CUTOFF : 4つのフィルターのカットオフをコントロール。
WET LEVEL : 4つのフィルターのボリュームをコントロール。
MIX :ドライとウェットのミックスをコントロール。
マスターセクションには2つのオーディオアウトプット(NOTCH and MMF )がある。
NOTCH :他のフィルターノッチとは異なり、フェーズF2とF4を加えた全4つあるフィルターの合計です。
MMF:ステレオエフェクトを作り出す4つのフィルターの合計です。
マスターセクション CV コントロール
FREQ :カットオフフレクエンシー。毎オクターブ1ボルトで調整されている。
LEVEL :外部シグナルのマスターコントロールレベル。
MIX:ミックスのコントロール。

 

 

 

QMMF-4 Quad Multimode filter

(filter1,2,3,4)
3U Eurorack module
46HP wide
20mm deep ( behind the front panel )
Weight 0.9 kg
power consumption: 190mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

 

Master section ( CUTOFF, WET, LEVEL, MIX )

QMMF-4  contain of 4 individual filters which can be controlled separately and by

the master controls.

CUTOFF Hz : 16Hz – 16kHz

FINE TUNE : for fine tuning of cutoff frequency

Q-PEAK : resonance control of the filter from flat to self oscillating mode in OSC SAT or OSC position and there is RES mode as a resonator.

OUTPUT FADER : volume control of the filter’s output. There are 2 outputs ( PRE, POST ) . PRE is the direct output from the filters, POST is the attenuated output controlled by OUTPUT FADER and by external signals inserted to LEVEL inputs.

INPUT LEVEL :  audio input manual controller.

3 Filter mode (HP: High pass , BP: Band pass ,LP :Low pass ).

NOTCH output : a sum of lowpass and high pass.

AUDIO INPUTS : individual audio inputs for all filters, pre-patched to the master control but can be used for four external sound sources.

CM1 : cutoff modulation with manual BIPOLAR level control for the inserted external modulation signals.

CM2 CAL: input for external modulation source and calibrated for 1 volt per octave.

Q-PEAK : manual and voltage controlled amount of filter resonance.

LEVEL : controlled the outgoing level of the filters (POST ) manually and by external signals.

 

MASTER SECTION :

CUTOFF : controls all 4 filter cut offs

WET LEVEL : controls all 4 filter volumes

MIX : controls the mix of dry and wet signals.

 

Master section has 2 audio outputs (NOTCH and MMF )

NOTCH : it is different from other filter notches, it is the sum of all 4 filters but with inverted phases of F2 and F4.

MMF: it is the sum of all 4 filters. It creates pseudo stereophonic effect.

 

Master section’s CV controls

FREQ : cutoff frequency, calibrated for all filters for 1 volt per octave.

LEVEL : external signal controlled master level.

MIX: controlling MIX.

 

 

External links and demos

ツベイマン ユーザーは実際どの様に使用しているのか…外部リンク





 

Photos

VCO-2RM

VCO-2RM デュアルオシレータ 

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 20 HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.52kg
電流 current draw: 50mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

ユーザーマニュアル(英語)

デュアルオシレーター、ローフレクエンシーモード(LFO)、リングモジュレーター。2オシレーターが左右に配置し、各オシレータに2つのアウトプットが在る(通常のアウトプット(OUTPUT)と逆位相アウトプット(OUTPUT➖)。7つのウェーブフォーム。WAVEFORM : サイン、トライアングル、トライアングル+ソーツース、トライアングル+パルス、ソーツース+パルス、ソーツース、パルス。PULSE WIDTHはパルスウェーブのパルス幅を5%から95%に調整する。WAVEFORMはオシレーターからのウェーブフォームやウェーブフォームのミックスを選択する。マニュアルフレクエンシーコントロール ( COARSE and  FINE)。フレクエンシーモジュレーション (FM) :FM1にはマニュアルレベルコントロールがあり、FM2とFM3はダイレクトインプットです。全インプットは1オクターブ辺り1ボルトで較正されています。リングモジュレーター(RM):クラシックオーディオエフェクト。ベル、スウィーピングウィスル、パーカッシブサウンド、トレモロエフェクトなどのメタリックなサウンドを作り出す。マニュアルフレクエンシーコントロール(PITCH):COURSE (labeled in Hz ) and FINE (12 semitones)。FM : フレクエンシーモジュレーション(FM1、 FM2、FM3)。SYNC : OSC1が OSC2のフレクエンシーとウェーブフォームをコントロール。各オシレータにはエクスターナルシンクコントロールのためのインプットが在る。PULSE WIDTH : マニュアルコントロール、パルス幅や他のパルスを含むウェーブフォームをコントロール。

 

VCO-2RM Dual Oscillator

3U Eurorack module,
20HP wide
20mm deep
Weight 0.52 kg
power consumption: 50mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

User manual VCO-2RM

The oscillator’s frequency is controlled by COARSE,TUNE knobs and FM inputs.
TUNE fine tunes the oscillators (± 6 semitones).
Frequency modulation (leveled FM1, FM2 and FM3 ) determinates the intensity of frequency modulation and/or pitch control. All FM inputs are carefully calibrated for 1Volt/octave sensitivity.
Frequency modulation, by an audio signal, creates so called “side-bands” that consist of sum and difference of signals frequencies.
These additional frequencies do mostly have a non harmonic sound. Modulation, by low periodic waveforms, such as LFO or envelope generator creates momentary pitch shift of modulated oscillator common named vibrato (by LFO) or pitch bend (by envelope generator).

SYNC means that sync’ed oscillators frequency is tracked by the frequency of controlling oscillator; OSC2’s frequency is synchronized to OSC1’s frequency. When the tuned frequency of sync-ed oscillator has the same or multiple of frequency of controlling oscillator then sync-ed oscillators waveform has no or very little “glitch” which results in a sync-ed smooth waveform (sine waveform). The sync-ed waveforms (with additional FM modulation) are perfect for cutting edge lead sound and hard, funky basses.
PULSE WIDTH % adjusts the pulse width of the pulse wave from 5% to 95%.
WAVEFORM selects the waveform or a mix of waveforms from an oscillator. PULSE WIDTH control works also on the waveform mixes where the pulse wave is included.
Ring modulator (RM) is a classic audio effect device and due to the non harmonic character of the output signal, very useful to create metallic timbres such as bells, sweeping whistles and percussive sounds and tremolo effects (modulated by low periodic signal like a LFO). Two input signals are pre-patched to OSC 1 and OSC 2 outputs. Using the inputs X and Y, any other external signal can be routed directly into the ring modulator. As modulation source the ring modulator can produce a huge amount of complex waveforms both in the low and audio frequency range.

External links and demos

ツベイマン ユーザーは実際どの様に使用しているのか…外部リンク


Photos

VCA-4MX 

VCA-4MX  クワド  ボルテージコントロール アンプリファイアー ミキサー

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 20HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.52kg
電流 current draw: 20mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

ユーザーマニュアル(英語)
4つのインディビジュアルなボルテージコントロール。
アンプリファイアーはDC、ACシグナルを受け入れる。
8つのアウトプットで最大限なフレクシビリティーを生み出す。
各4つのアンプリファイアーアウトプット(1、2、3、4)。
2つのSUMアウトプット(SUM➖、SUM➕)
1+2(VCA 1+2 )
2+3(VCA 3+4 )
4つのアンプリファイアーを個別に使いクワッドアッテネータ(4インプットミキサーまたは2つの個別のインプットミキサー)として使用できる。

 

VCA-4MX Quad-VCA mixer

3U Eurorack module,
20HP wide
20mm deep
Weight 0.52 kg
power consumption: 20mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

User manual VCA-4MX

The VCA-4MX consists of four individual voltage controlled amplifiers.

All amplifiers are identical and work in a semi-logarithmic mode. Amplifiers accept both DC and AC signals. The VCA-4MX has eight outputs for maximal flexibility. All amplifiers has an individual output, two summing outputs for all amplifiers ( both normal and inverted ) and additionally two summing outputs for VCA1 + VCA2  and VCA3 + VCA4 .

The VCA-4MX can be used as quad attenuator ( using all four amplifiers separately), as a four input mixer ( using summing outputs ) and as two separate two inputs mixers.

All amplifiers has dedicated level controller (knobs) and CV inputs which controls outgoing signals attenuation in semi-logarithmic mode. The manual controllers (knobs) determinates the maximal amount of controlled gain ( or rather attenuation ). The semi-logarithmic transfer function is much

more practical than a true logarithmic because it’s imitates the natural behavior of volume controllers.

 

External links and demos

ツベイマン ユーザーは実際どの様に使用しているのか…外部リンク

Photos