MMF-6

MMF-6 マルチモードフィルター

6つのオーディオアウトプットを持つマルチモードフィルター

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 :  14 HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.5kg
電流 current draw: 50mA

リボンケーブルコネクター使用上の注意

ユーザーマニュアル(英語

MMF-6 は6つのオーディオアウトプットを持つマルチモードフィルターです。
左側の3つのアウトプットLPF,BPF,HPF は、クリーンなローパス、バンドパス、ハイパスです。
右側のローパス、バンドパス、ハイパス・アウトプットはサチュレーションサーキットと2つのモード(ソフト、ハード)でプロセスされます。それに加えて、フィルターコア(フィルターそのもの)にはリゾネータとカットオフ・フレクエンシーのための ” シンメトリー ” コントロールがあります。ポジティヴ、ネガティヴシグナル(above 0 and below 0)は違ったカットオフ・フレクエンシー、微妙なエッジからドラマティカルなキャラクターのオーディオシグナルへのカットオフ・コントロールが可能です(フレクエンシー分割効果を含む)。これらの全ての効果はアウトプット(プリパッされた”クリーン”ローパスアウトプット)と外部シグナルによって” シンメトリー ”モジュレーションする事によって作られます。

 

MMF-6

3U Eurorack module,
14HP wide,
20mm deep
Weight 0.5 kg
current draw: 50mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

User manual MMF-6
The MMF-6 is a multi mode filter with six outputs, first three from the left; “clean” low pass, band pass and high pass. Low- band- and high pass to the right are processed by three separate (for every output) saturation circuits with two modes; soft and hard. Additionally, the filter core has so called “symmetry” control for the resonance and cutoff frequency. It is possible to control cutoff so positive and negative going signals has different cutoff frequencies, from a subtle “edge” to very dramatical character of the audio signal (including frequency division effect). All this by modulating symmetry by one of outputs (pre-patched to “clean” low pass output) or an external signal. Now it is possible to mix clean and saturated audio signals in any combination.
Inputs:
Audio: 2x In
CV inputs: 2x cutoff, 1x Q-peak, 1x symmetry

Outputs:
clean LPF, BPF and HPF
saturated LPF, BPF and HPF
dimensions

SPH-2

SPH-2  14ステージ ステレオ フェイザー

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 14HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.4kg
電流 current draw: 20mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

 

マニュアル(英語)

ステレオイメージを持つ14ステージ・フェイザーです。ステレオイメージ:スパシャル(SPATIAL)とローテーティンぐ(ROTATING)。フェイザーはボルテージでコントロールされます。

フェージング (SPECTRUM)は外部シグナル (SPECTRUM CV, and separate SPECTRUM LEFT, RIGHT)とモジュレーションするローフレケンシーオシレータでコントロールされます (MOD RATE, MOD LEVEL)。

ローフレケンシーオシレータのレートは外部シグナルによってモジュレートされます。

SPH-2は、SUM AUDIOでラベル付けされた両方のフェイザーに対して1つのオーディオ入力を提供します。

オーディオ出力は、AUDIO、LEFT、MIX(左右のフェイザーが混在している)とRIGHTと表示された出力ソケットによって提供されます。 アウトプットは白い囲みで表示されます。

FEEDBACKノブは、両方のフェイザーのマルチレゾナンスの量をセルフオシレーティングまで制御します。

SPATIAL / ROTATINGスイッチは、2つの異なるステレオイメージでフェイザーを結合します。 BYPASS / L&R INPUTは、L&R INPUTポジションの両方のフェイザーをオーディオチェーンにインサートします。

 

SPH-2   14-stage stereo image phaser

3U Eurorack module,
14HP wide
20mm deep
Weight  0.4 kg
power consumption: 20mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

SPH−2 Manual

The SPH-1 is a 14-stage stereo image phaser. It consist of two identical voltage controlled all-pass filters with seven notches stretched over the whole audio range which ensures constant phasing effect.

The all pass filters are combined with original audio signals resulting in an almost constant gain and phase shift of 2400 degrees across the entire audio range (see diagrams below).

Additionally, the phasing effect remain almost constant even in saturation mode.

Phasing (SPECTRUM) is controlled by modulating low frequency oscillator (MOD RATE, MOD LEVEL) and by external signals (SPECTRUM CV, and separate SPECTRUM LEFT, RIGHT).

The low frequency oscillator’s rate can be modulated by external signal (RATE CV, RATE CV INPUT).

The SPH-2 provides one audio input for both phasers labelled by SUM AUDIO.

The audio outputs are provided by output socket labelled AUDIO, LEFT, MIX (mixed left and right phaser) and RIGHT. Outputs are revealed by white surrounds.

The FEEDBACK knob controls the amount of multi resonance for both phasers up to self-oscillating.

The SPATIAL/ROTATING switch couples phaser between two different stereo images. The BYPASS/ L&R INPUT inserts both phasers in the audio chain in position L&R INPUT.

 

 

External Links

 

BLD

BLD  ベース – リード&ドラム  サウンド ジェネレーター

Base -Lead & Drum Generator

 

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 24 HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 25mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.5kg
電流 current draw: 30mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

BLD マニュアル(英語)

BLDは、ベースドラム音に重点を置き、ベースとドラムサウンドを作るのに必要な全てのコンポーネントと機能を備えました。

BLDには、メイン・サウンド・ジェネレータ(OSCILLATOR)、ノイズ・ジェネレータ、モディファイア(ローパスフィルタ、アンプリファイアー、2つのトランジェントジェネレータ
)があります。

オシレーター:
オシレータには2つのマニュアルピッチコントローラ (FINE, COARSE) と、外部シグナルによってピッチをコントロールする2つのインプット (外部シグナル:FM1, levelled, bipolar pre-patched to transient generator AR / FM2, calibrated to 1 Volt/octave)があります。

ウェーブフォームとシェイプ間のミックスはマニュアル・コントロールできます(トライアングル、トライアングルとパルス間、パルス、パルスとソートゥース間、ソートゥース)。

オシレーターレベルはマニュアルコントロール(ゼロ スルーノミナルシグナルストレンスからサチュレート)。パルス・ウィズはマニュアルか外部シグナル(PWM)でコントロール。

ローパス・フィルター:
ローパス・フィルターには2つのオーディオインプットがあります(OSCILLATOR LEVEL
とNOISE LEVEL)。CUTOFFフレクエンシーはマニュアルコントロール(トランジェントジェネレータ AR、 AHR 、CUTOFF pre-patched to FM2 CV インプットにより)。

ノイズ・ジェネレーター:
ノイズ・ジェネレーターはローパスフィルターとアンプリファイア(NOISE LEVEL)に接続されている。ノイズ・ジェネレーターはアンプリファイアー(PRE)にルーティングか、アウトプットAMP (POST)に直接接続する事ができる。ノイズ・ジェネレータのレベルはARジェネレータからNOISE LEVELインプットへスルーでプリパッチできます。

ARとAHR :
ARとAHRトランジット・ジェネレータはTRIGプッシュボタンか、外部シグナルに(input TRIG)よってマニュアルで作動。アタックAttack, ホールドHold 、リリースReleaseはインプットA1, R1 (AR) と A1, HOLD とR2 (AHR)に接続された外部シグナルによってコントロールでます。

アンプリファイアー:
アンプリファイアのゲインはARのミックス、AHR、インプット VELOCITYに接続された外部シグナルによってコントロールでます。

 

 

BLD, Bass – Lead & Drum sound generator

3U Eurorack module,
24HP wide,
25mm deep
0.5kg
Current draw: 30mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

BLD manual

The BLD has all components and function necessary for generating bass lead and drum sounds with focus on bass drum sounds.

The BLD contain main sound generator (OSCILLATOR) and noise generator and modifiers such as low pass filter, amplifier and two transient (contour) generators.

Oscillator has two manual pitch controllers (FINE, COARSE) and two inputs for controlling the pitch by external signals (FM1, levelled, bipolar pre-patched to transient generator AR and FM2, calibrated to 1 Volt/octave).

Waveforms and mix between shapes is controlled manually from triangle, mix between triangle and pulse, pulse, mix between pulse and saw tooth and saw tooth).

Oscillator level is controlled manually from 0 thru nominal signal strength to saturated (curved, for more punch). Pulse width is controlled manually and by an external signa (PWM).

NOISE GENERATOR is connected to the low pass filter and to the amplifier (NOISE LEVEL). The noise generator can be routed in to the amplifier (PRE) or directly to the output AMP (POST).
The noise generators level is also controlled by pre-patched AR generator thru input NOISE LEVEL.

AR and AHR transient generators are activated manually by the push button
TRIG and/or by an external signal (input TRIG). Attack, Hold and Release are manually controlled and by an external signals connected to inputs A1, R1 (AR) and A1, HOLD and R2 (AHR).

AMPLIFIERs gain is controlled by mix of AR and AHR and by an external signaln connected to the input VELOCITY

 

サウンドクリップ Sound clips

 

 

External links and demos