VCO-6

VCO-6 シングル ボルテージコントロールド オシレータ

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 14HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.52kg
電流 current draw: 30mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

マニュアル(英語)

6つのウェーブフォームを持つシングル オシレーター

フレケンシーはマニュアルと FM(レベル インプット)でコントロールできます。VCO-6は、外部シグナルフレケンシーによってもシンクさせることができます。

オシレーターのフレケンシー は、上部ノブ2つのRANGE(C2〜C8)、FINE TUNE(± 6 semitones in audio mode / ± 12 semitones in LFO mode) そしてFM インプットでコントロールすることができます。FM1-LINEAR, FM2-EXP,FM3-EXP(exponential * musical scale )はピッチコントロールです。
DC AC 。

VCO-6   Single Voltage-controlled Oscillator

with Six individual Waveforms
3U Eurorack module
14HP wide
20mm deep ( behind the front panel )
Weight 0.52 kg
power consumption: 30mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

manual

The VC0-6 is a single voltage controlled oscillator and it has six individual waveforms.

The frequency is controlled by manual controllers (knobs) and FM (leveled inputs). The VCO-6 can by sync-ed by an external signals frequency, as well.
Frequency controllers
The oscillator’s frequency is controlled by RANGE (from C2 to C8), TUNE knob

(± 6 semitones in audio mode and (± 12 semitones in LFO mode) and leveled FM inputs;

DC or AC coupled FM1 and exponential F2 and FM3.

Frequency modulation (leveled FM1, FM2 and FM3 ) determinates the intensity of frequency modulation and/or pitch control. The FM2 and FM3 inputs are carefully calibrated for 1Volt/octave sensitivity and it tracks the musical scale for more than 8 octaves.

Performances

Total frequency range

 

External Links

 

 

FSH-1

FSH-1 フレケンシーシフター

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 14HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.4kg
電流 current draw: 70mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

マニュアル(英語)

 

 

FSH-1   frequency shifter

3U Eurorack module
14HP wide
20mm deep
Current draw 70mA
0.4kg
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

FSH-1 manual

The main purpose with the frequency shifter is to make frequency shift up and down for processed audio signal. Two signal sources are needed; the carrier and the audio. Both carrier and audio signals are splitted in two chains and are pre-processed to accomplish 90 degrees phase shift between splitted signals.
The carrier generator has two frequency ranges; LF (low frequency) and AUDIO and it’s controlled by knobs
COARSE, FINE and external CV signals (CARRIER CV). The carrier generators outputs are pure sine waveforms with 90 degrees delay between them. Outputs are patched to both ring modulators inputs. Two ring modulators (dual balanced multipliers) receives 0 and 90 degrees shifted carrier and audio signals . The outputs from the multipliers are combined in two ways; the frequency shift UP and DOWN.  The frequency shifted audio signal is a sum (UP) or difference (DOWN) of the carrier generators frequency (a pure sine waveform) and all audio signals frequencies (fundamentals and harmonics). The FSH-1 works in two modes; as frequency shifter and as dual ring modulator. A ring modulator is a classic audio effect device and due to the non-harmonic character of the output signal. It’s very useful to create metallic timbres such as bells, sweeping whistles and percussive sounds and tremolo effects. The obvious effect (particularly in LF mode) is a stereo panning effect of audio signal.

 

Sound clips サウンドクリップ

External Links

BLD

BLD  ベース – リード&ドラム  サウンド ジェネレーター

Base -Lead & Drum Generator

 

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 24 HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 25mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.5kg
電流 current draw: 30mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

BLD マニュアル(英語)

BLDは、ベースドラム音に重点を置き、ベースとドラムサウンドを作るのに必要な全てのコンポーネントと機能を備えました。

BLDには、メイン・サウンド・ジェネレータ(OSCILLATOR)、ノイズ・ジェネレータ、モディファイア(ローパスフィルタ、アンプリファイアー、2つのトランジェントジェネレータ
)があります。

オシレーター:
オシレータには2つのマニュアルピッチコントローラ (FINE, COARSE) と、外部シグナルによってピッチをコントロールする2つのインプット (外部シグナル:FM1, levelled, bipolar pre-patched to transient generator AR / FM2, calibrated to 1 Volt/octave)があります。

ウェーブフォームとシェイプ間のミックスはマニュアル・コントロールできます(トライアングル、トライアングルとパルス間、パルス、パルスとソートゥース間、ソートゥース)。

オシレーターレベルはマニュアルコントロール(ゼロ スルーノミナルシグナルストレンスからサチュレート)。パルス・ウィズはマニュアルか外部シグナル(PWM)でコントロール。

ローパス・フィルター:
ローパス・フィルターには2つのオーディオインプットがあります(OSCILLATOR LEVEL
とNOISE LEVEL)。CUTOFFフレクエンシーはマニュアルコントロール(トランジェントジェネレータ AR、 AHR 、CUTOFF pre-patched to FM2 CV インプットにより)。

ノイズ・ジェネレーター:
ノイズ・ジェネレーターはローパスフィルターとアンプリファイア(NOISE LEVEL)に接続されている。ノイズ・ジェネレーターはアンプリファイアー(PRE)にルーティングか、アウトプットAMP (POST)に直接接続する事ができる。ノイズ・ジェネレータのレベルはARジェネレータからNOISE LEVELインプットへスルーでプリパッチできます。

ARとAHR :
ARとAHRトランジット・ジェネレータはTRIGプッシュボタンか、外部シグナルに(input TRIG)よってマニュアルで作動。アタックAttack, ホールドHold 、リリースReleaseはインプットA1, R1 (AR) と A1, HOLD とR2 (AHR)に接続された外部シグナルによってコントロールでます。

アンプリファイアー:
アンプリファイアのゲインはARのミックス、AHR、インプット VELOCITYに接続された外部シグナルによってコントロールでます。

 

 

BLD, Bass – Lead & Drum sound generator

3U Eurorack module,
24HP wide,
25mm deep
0.5kg
Current draw: 30mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

BLD manual

The BLD has all components and function necessary for generating bass lead and drum sounds with focus on bass drum sounds.

The BLD contain main sound generator (OSCILLATOR) and noise generator and modifiers such as low pass filter, amplifier and two transient (contour) generators.

Oscillator has two manual pitch controllers (FINE, COARSE) and two inputs for controlling the pitch by external signals (FM1, levelled, bipolar pre-patched to transient generator AR and FM2, calibrated to 1 Volt/octave).

Waveforms and mix between shapes is controlled manually from triangle, mix between triangle and pulse, pulse, mix between pulse and saw tooth and saw tooth).

Oscillator level is controlled manually from 0 thru nominal signal strength to saturated (curved, for more punch). Pulse width is controlled manually and by an external signa (PWM).

NOISE GENERATOR is connected to the low pass filter and to the amplifier (NOISE LEVEL). The noise generator can be routed in to the amplifier (PRE) or directly to the output AMP (POST).
The noise generators level is also controlled by pre-patched AR generator thru input NOISE LEVEL.

AR and AHR transient generators are activated manually by the push button
TRIG and/or by an external signal (input TRIG). Attack, Hold and Release are manually controlled and by an external signals connected to inputs A1, R1 (AR) and A1, HOLD and R2 (AHR).

AMPLIFIERs gain is controlled by mix of AR and AHR and by an external signaln connected to the input VELOCITY

 

サウンドクリップ Sound clips

 

 

External links and demos

 

VCA-4MX 

VCA-4MX  クワド  ボルテージコントロール アンプリファイアー ミキサー

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 20HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.52kg
電流 current draw: 20mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

ユーザーマニュアル(英語)
4つのインディビジュアルなボルテージコントロール。
アンプリファイアーはDC、ACシグナルを受け入れる。
8つのアウトプットで最大限なフレクシビリティーを生み出す。
各4つのアンプリファイアーアウトプット(1、2、3、4)。
2つのSUMアウトプット(SUM➖、SUM➕)
1+2(VCA 1+2 )
2+3(VCA 3+4 )
4つのアンプリファイアーを個別に使いクワッドアッテネータ(4インプットミキサーまたは2つの個別のインプットミキサー)として使用できる。

 

VCA-4MX Quad-VCA mixer

3U Eurorack module,
20HP wide
20mm deep
Weight 0.52 kg
power consumption: 20mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

User manual VCA-4MX

The VCA-4MX consists of four individual voltage controlled amplifiers.

All amplifiers are identical and work in a semi-logarithmic mode. Amplifiers accept both DC and AC signals. The VCA-4MX has eight outputs for maximal flexibility. All amplifiers has an individual output, two summing outputs for all amplifiers ( both normal and inverted ) and additionally two summing outputs for VCA1 + VCA2  and VCA3 + VCA4 .

The VCA-4MX can be used as quad attenuator ( using all four amplifiers separately), as a four input mixer ( using summing outputs ) and as two separate two inputs mixers.

All amplifiers has dedicated level controller (knobs) and CV inputs which controls outgoing signals attenuation in semi-logarithmic mode. The manual controllers (knobs) determinates the maximal amount of controlled gain ( or rather attenuation ). The semi-logarithmic transfer function is much

more practical than a true logarithmic because it’s imitates the natural behavior of volume controllers.

 

External links and demos

ツベイマン ユーザーは実際どの様に使用しているのか…外部リンク

Photos

PH-8 

PH-8    8フェーズジェネレータ

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 20 HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.37kg
電流 current draw: 50mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

8つのアウトプットには4つのウェーブフォームがサインとトライアングル、ソーツースとパルスの2つのグループに分かれて配置されています。全ウェーブフォームのフェイズリレーションは互いに90° の関係にあります。
(サイン/トライアングル:0°、90°、180°、270° )
(ソー/パルス:0°、90°、180°、270° )

パルス幅モジュレーション Pulse width modulation  : PWMインプット、PWM LEVEL。

シンクインプット sync  input :TRIGGER/SYNC GATE(Hard sync/Gated sync)。

フレクエンシーモジュレーション Frequency modulation  :

FM1:BIPOLAR, FM1インプットのレベルコントロール  Level control of FM1 input
FM2:FM2インプットのレベルコントロール  Level control of FM2 input ( calibrated for 1 volt per octave  )
FM3:ダイレクトコントロール Direct control of FM3 ( calibrated for 1 volt / octave )
オフセット offset :OFFSET, OFFSET LEVEL, OFFSETインプット。
OFFSET とAMPL LEVEL はトライアングルとサインだけをコントロールします。
アンプリチュードモジュレーション Amplitude modulation  : AMPL, AMPL LEVEL。 

PH-8 Four Phase Generator

3U Eurorack module
20HP wide
20mm deep
Weight 0.37 kg
current draw: 50mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

8 outputs. 2 different wave form groups (Triangle/sine outputs: 0°, 90°, 180°, 270°、Sawtooth/Pulse outputs: 0°, 90°, 180°, 270°).
All 4 waveforms are in 90 degrees quadrature relation to each other.
Pulse width modulation (PULSE WIDTH) : PWM input, PWM LEVEL control.
SYNC input, TRIGGER SYNC/GATE(Hard sync/Gated).
Frequency Modulation : FM1,2,3 (1 volt per octave )
FM1 : BIPOLAR level control
FM2 : Level control
FM3 : Direct control
OFFSET, OFFSET LEVEL control, OFFSET input
Amplitude : AMPL, AMPL LEVEL control, AMPL input.

The PH-4’s big brother is a quadrature oscillator as well, yet the much bigger waveform selection at the double amount of outputs, more FM inputs (even with 1V per octave tracking), pulse width modulation and sync it can be easily considered a highest quality, full-range oscillator which “casually” handles quadratures and works as an LFO.

The frequency range is selected by a switch between LFO and audio, two potentiometers set coarse and fine tuning. Modulation-wise there are three CV inputs: FM 1 is equipped with a polarizer, FM 2 with an attenuator, FM 3 is not attenuated. FM 2 and 3 track one Volt per octave.

The left four quadrature outputs with 0°, 90°, 180° and 270° phase provide you with either a sine or a triangle which is switch-selectable. The right four quadrature outputs are responsible for pulse wave and sawtooths. The pulse width is set manually and per CV, the form of the sawtooth is selectable between sawtooth, ramp and a mix of both, even via CV.

Further possibilities of manual and voltage control are the bipolar DC offset and the output level. Finally there’s even a sync input which tops off PH-8’s VCO capabilities.

 

External links and demos

ツベイマン ユーザーは実際どの様に使用しているのか…外部リンク 


Photos