MMF-1S 

MMF-1S  マルチモード・フィルター
Multi Mode Filter
3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 20 HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.4kg
電流 current draw: 50mA
ネクター使用上の注意
MMF-1SはMMF-1にアディショナルファンクションを備えています。コンプレッサー、リゾネーターモード(Q peak mode )、サチュレーション、セカンドハーモニックブースター(2ND HARM)がありオリジナルシグナルをMIXできます。VCAミックス(スイッチ)ボリュームコントロール。VCAとMIXはエクスターナル・シグナルによってコントロールできます(VCA-MIX) 。MODE には7つのセレクト可能なフィルタータイプ(ローパス、バンドパス、ハイパス、3つのデュアルバンドパス、ノッチ)があり2つのスロープ(SLOPE 12dB、 24dB per octave)をスイッチで選べます。
マニュアルコントロールできるサチュレーション(SAT) インプット。
コンプレッサー(SATURATION  COMPRESSOR  RATIO でレシオ3:1/1:1/20:1をスイッチで選択できます。
QPEAK MODEではOSCモードかRESモードをスイッチで選択できます。

 

 

 

MMF-1S Multi mode filter
3U Eurorack module
20HP wide
20mm deep
Weight 0.37 kg
current draw: 50mA
How to use Cwejman
MMF-1S is MMF-1 plus (1)Compressor, (2)Resonator mode (Q peak mode), (3)Saturation, (4)2nd harmonic booster (2ND HARM), (5)MIX mixing original signal with (1)(2)(3)(4) or VCA mode. ( MIX VCA outputs ) .
The Multi Mode Filter offers seven types of modes:
* Low pass
* High pass
* Band pass
* Dual band pass——-with dual resonance (Q-PEAK) and controlled bandwidth by SPACING
* Dual band pass——-with single upper resonance (Q-PEAK) and controlled bandwidth by SPACING
* Dual band pass——-with single lower resonance (Q-PEAK) and controlled bandwidth by SPACING
* Notch——————with single or dual resonance (Q-PEAK) and controlled bandwidth by SPACING
The SLOPE defines how steep the filter cuts off the attenuated frequencies. It means, that the 2 pole filter cuts signal with 12dB/octave, the 4 pole filter cuts with 24 dB/octave. The higher the slope, the more effective the filter cuts. The CUTOFF frequency or corner frequency defines at which frequency the filter starts to attenuate frequencies of the incoming signal. The cutoff frequency of the filter can be adjusted by CUTOFF knob from 16kHz to 16Hz and tracked by the external signals CUTOFF CV1 and CV2.
The Q-PEAK (also known as “resonance” or “emphasis”) boost audio signals in the near range of the cutoff frequency and makes the tone sound more “cutting”. From a certain level on, the filter start o self-oscillate and works as a sine wave-oscillator and in dual band pass mode (in dual Q-PEAK mode) produces two-tone sine waves (the two-tones frequencies are controlled by CUTOFF and SPACING).
The q-peak can be controlled by knob Q-PEAK and/or by signal from levelled input Q-PEAK CV, levelled by Q-PEAK CV knob.
The SPACING control defines bandwidth for all three dual band pass modes and/or spread of two resonant peaks. The amount of spacing can be controlled by knob SPACING and/or by signal from input SPACING CV.
The audio knobs AUDIO1 and 2 controls the audio signals level coming from inputs AUDIO1 and AUDIO2.
The audio output is provided by output socket labelled AUDIO and is revealed by white surround.
MMF-1S is the expanded MMF-1 with voltage controllable saturation with compression and second harmonic emphasis, then a MIX parameter for fine timbre tuning between original and processed distorted sound or a VCA at the output.
The filtered signal is emitted at the MMF output.
The second part of the module is comprised of a saturation stage which distorts the signal in a nonlinear fashion. Besides the voltage controllable Saturation parameter which sets the amount of saturation, there’s a 2ND HARM control emphasizing the second order harmonics.
A compressor with three selectable compression ratios (1:1, 3:1 and 20:1) is integrated in the saturation stage as well.
The saturated signal is available at the MIX VCA output, yet the result depends on the VCA/MIX switch and the MIX control:
In switch position “MIX” the MIX parameter blends between the original signal (AUDIO 1&2) and the filtered/saturated result (SAT). This can be voltage controlled via the “CV VCA-MIX” socket.
In switch position “VCA” the MIX control has no effect and the CV input “VCA-MIX” turns into the VCA’s CV input.

External links and demos

ツベイマン ユーザーは実際どの様に使用しているのか…外部リンク

MMF-1

MMF-6

MMF-6 マルチモードフィルター

6つのオーディオアウトプットを持つマルチモードフィルター

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 :  14 HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.5kg
電流 current draw: 50mA

リボンケーブルコネクター使用上の注意

ユーザーマニュアル(英語

MMF-6 は6つのオーディオアウトプットを持つマルチモードフィルターです。
左側の3つのアウトプットLPF,BPF,HPF は、クリーンなローパス、バンドパス、ハイパスです。
右側のローパス、バンドパス、ハイパス・アウトプットはサチュレーションサーキットと2つのモード(ソフト、ハード)でプロセスされます。それに加えて、フィルターコア(フィルターそのもの)にはリゾネータとカットオフ・フレクエンシーのための ” シンメトリー ” コントロールがあります。ポジティヴ、ネガティヴシグナル(above 0 and below 0)は違ったカットオフ・フレクエンシー、微妙なエッジからドラマティカルなキャラクターのオーディオシグナルへのカットオフ・コントロールが可能です(フレクエンシー分割効果を含む)。これらの全ての効果はアウトプット(プリパッされた”クリーン”ローパスアウトプット)と外部シグナルによって” シンメトリー ”モジュレーションする事によって作られます。

 

MMF-6

3U Eurorack module,
14HP wide,
20mm deep
Weight 0.5 kg
current draw: 50mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

User manual MMF-6
The MMF-6 is a multi mode filter with six outputs, first three from the left; “clean” low pass, band pass and high pass. Low- band- and high pass to the right are processed by three separate (for every output) saturation circuits with two modes; soft and hard. Additionally, the filter core has so called “symmetry” control for the resonance and cutoff frequency. It is possible to control cutoff so positive and negative going signals has different cutoff frequencies, from a subtle “edge” to very dramatical character of the audio signal (including frequency division effect). All this by modulating symmetry by one of outputs (pre-patched to “clean” low pass output) or an external signal. Now it is possible to mix clean and saturated audio signals in any combination.
Inputs:
Audio: 2x In
CV inputs: 2x cutoff, 1x Q-peak, 1x symmetry

Outputs:
clean LPF, BPF and HPF
saturated LPF, BPF and HPF
dimensions

QMMF-4

QMMF-4  クアッドマルチモードフィルター

3ユーロラックモジュール (3U)
幅 : 46HP 幅 (1HP=5.08mm)
奥行き: 20mm (フロントパネル裏からの奥行き)
重さ: 0.9kg
電流 current draw: 190mA
リボンケーブルコネクター使用上の注意

 

QMMF-4:クアッドマルチモードフィルター (filter 1,2,3,4)

マスターセクション(CUTOFF, WET, LEVEL, MIX)

QMMF-4は4つのフィルターから成り、それぞれ個別にコントロールでき、マスターでもコントロールできる。

CUTOFF Hz:16Hz〜16kHz

FINE TUNE:カットオフフレクエンシーのファインチューニング

Q-PEAK :フィルターのリゾナンスコントロール。フラットからセルフオシレーションモード(OSCSAT or OSCポジションで)、そして リゾレーターモード(RES)。

OUTPUT FADER :フィルターアウトプットのボリュームコントロール。PREとPOSTの2つのアウトプットがある。PREはフィルターからのダイレクトアウトプット、POSTはOUTPUT FADERと外部シグナルをLEVELインプットに入力しコントロールする減衰アウトプットである。
INPUT LEVEL : オーディオインプットのマニュアルコントロール。

 

3 つのフィルターモード (HP: ハイパス , BP: バンドパス ,LP :ローパス )。

NOTCH output : ハイパス+ローパス。

AUDIO INPUTS : 全てのフィルターの個別オーディオインプットで、マスターコントロールにプリパッチできるが4つの外部サウンドソースとしても使うことができる。

CM1 : 外部モジュレーションシグナルへのカットオフモジュレーションとマニュアルBIPOLARレベルコントロール。

CM2 CAL:外部モジュレーションソースのインプットで毎オクターブ1ボルトで調整されている。

Q-PEAK :フィルターリゾナンスのマニュアルコントロールとボルテージコントロール。

LEVEL :フィルター (POST )の出力レベルをマニュアルか外部シグナルでコントロール。

 

MASTER SECTION :
CUTOFF : 4つのフィルターのカットオフをコントロール。
WET LEVEL : 4つのフィルターのボリュームをコントロール。
MIX :ドライとウェットのミックスをコントロール。
マスターセクションには2つのオーディオアウトプット(NOTCH and MMF )がある。
NOTCH :他のフィルターノッチとは異なり、フェーズF2とF4を加えた全4つあるフィルターの合計です。
MMF:ステレオエフェクトを作り出す4つのフィルターの合計です。
マスターセクション CV コントロール
FREQ :カットオフフレクエンシー。毎オクターブ1ボルトで調整されている。
LEVEL :外部シグナルのマスターコントロールレベル。
MIX:ミックスのコントロール。

 

 

 

QMMF-4 Quad Multimode filter

(filter1,2,3,4)
3U Eurorack module
46HP wide
20mm deep ( behind the front panel )
Weight 0.9 kg
power consumption: 190mA
How to use Cwejman Ribbon cable connectors

 

Master section ( CUTOFF, WET, LEVEL, MIX )

QMMF-4  contain of 4 individual filters which can be controlled separately and by

the master controls.

CUTOFF Hz : 16Hz – 16kHz

FINE TUNE : for fine tuning of cutoff frequency

Q-PEAK : resonance control of the filter from flat to self oscillating mode in OSC SAT or OSC position and there is RES mode as a resonator.

OUTPUT FADER : volume control of the filter’s output. There are 2 outputs ( PRE, POST ) . PRE is the direct output from the filters, POST is the attenuated output controlled by OUTPUT FADER and by external signals inserted to LEVEL inputs.

INPUT LEVEL :  audio input manual controller.

3 Filter mode (HP: High pass , BP: Band pass ,LP :Low pass ).

NOTCH output : a sum of lowpass and high pass.

AUDIO INPUTS : individual audio inputs for all filters, pre-patched to the master control but can be used for four external sound sources.

CM1 : cutoff modulation with manual BIPOLAR level control for the inserted external modulation signals.

CM2 CAL: input for external modulation source and calibrated for 1 volt per octave.

Q-PEAK : manual and voltage controlled amount of filter resonance.

LEVEL : controlled the outgoing level of the filters (POST ) manually and by external signals.

 

MASTER SECTION :

CUTOFF : controls all 4 filter cut offs

WET LEVEL : controls all 4 filter volumes

MIX : controls the mix of dry and wet signals.

 

Master section has 2 audio outputs (NOTCH and MMF )

NOTCH : it is different from other filter notches, it is the sum of all 4 filters but with inverted phases of F2 and F4.

MMF: it is the sum of all 4 filters. It creates pseudo stereophonic effect.

 

Master section’s CV controls

FREQ : cutoff frequency, calibrated for all filters for 1 volt per octave.

LEVEL : external signal controlled master level.

MIX: controlling MIX.

 

 

External links and demos

ツベイマン ユーザーは実際どの様に使用しているのか…外部リンク





 

Photos